mayo blog

恵比寿創作集団マヨ部の公式ブログ

カシミア界のマニュファクチュール [Johnstons]

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。やすです。

写真は毎冬お世話になっているJohnstonsのカシミアマフラーです。
ハイゲージな生地でとても軽く、柔らかい手触りと高い保温力が特徴。

Johnstonsは200年以上の歴史を持つスコットランドのカシミアメーカーです。

通常のメーカーは選毛されたカシミア原毛を購入してから染色・紡績等の工程に入るのですが、
Johnstonsは選毛から製品化までの作業工程を全て自社の工場で完結しています。
それによって全ての工程で徹底した品質管理が可能という強みがあるんですね。

「マフラー1本でカシミヤゴート1頭分の毛を使用している」という希少性の高いJohnstonsカシミアの品質は他のメーカーのカシミア生地と比べても高く、DENTSの手袋のライニング(裏地)やCHANELなどのスーパーブランドのOEM(製造発注先)としても採用される程。

スーパーブランドの服はデザイナー料や広告費などが織り込み済みで価格が付けられているので品質以上に割高なのと、「CHANELのマフラーだよ」っていうドヤ感があまり好きでは無かったりするので、
OEMだけではなく自社製品も販売しているJohnstonsなどのメーカーの製品によって比較的安価にCHANELのマフラーと同じ品質を享受できると言う訳です。
(スーパーブランドでも、よほど好きなデザインの物はその限りでは無いんですけどね。)

この冬で購入して4年目なのですが、フリンジが頑丈で未だに切れやほつれがありません。
選毛だけでなく他の製造工程の質の高さも伺えますよね。

性別問わずニットや手袋なども生産しているので、上質なカシミアを堪能したい方は是非。

Submit comment