mayo blog

恵比寿創作集団マヨ部の公式ブログ

忘れられない味/スイス菓子ハイジの「アルハンブラ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、くろなびくんこと、くろひーです。

今日は僕が大好きだったお菓子のことを少し紹介します。

それは、神戸の灘区にお店のあったスイス菓子ハイジのアルハンブラです。

アルハンブラは、ハイジのオーナーが黄昏時に光り輝くアルハンブラ宮殿を見た時の感動を表現したお菓子であるため、その名がつきました。
宮殿の幾何学模様の装飾をチョコレートのスポンジ、アルハンブラ宮殿に流れる水路を生チョコに見立て、生チョコをスポンジでサンドした一口サイズの生菓子。

値段も1つ210円とお手頃価格。甘さも控えめでパクパク食べられ、お土産にすると皆がファンになってしまう程でした。

なぜ、過去形で書いているかというとハイジは、今は無きお店であるためです。
アルハンブラは大人気だったのですが、経営がうまくいかず、2009年に倒産してしまったのです。

ただ、ハイジは倒産してしまったのですが、ハイジからは数多くの有名パティシエが独立しており、幾つかのお店でアルハンブラにかなり近い味が食べられます。

PATISSIER eS KOYAMA/奏
今や世界のKOYAMAとなった、小山進氏のお店。ハイジのアルハンブラを仕上げたのは、小山氏だと言われています。アルハンブラに限りなく近い商品として「奏」が販売されています。小山ロールだけでなく、奏もぜひ食べてみてください。

神戸旧居留地 美侑/Bony&Vory
元ハイジの社長、千賀篤氏がオーナーパティシエ。アルハンブラと同様ではなく、ココ
アやアールグレイのスポンジを用いてアレンジ。大きさもアルハンブラの半分程度。

他にもハイジの常務であった伊藤氏が経営している「ダルセーニョ」や元ハイジ関係者の方が立ち上げた「ハイジ 苦楽園店」などにも近い商品はあり、いかにアルハンブラが人気だったか伺い知ることができます。

当時のアルハンブラはもう食べられないですが、ぜひぜひ紹介したお店でぜひ一度食べてみてください。

あぁ、アルハンブラ食べたい、、、、

  1. kyonpkoyan says: 2012年12月9日3:00 AM

    はじめまして。
    突然ですみません!

    実は今日お歳暮にパティスリーエスコヤマのお菓子をいただき、商品の 説明を読んでビックリしたのでした。お菓子の説明に今はなきスイス菓 子ハイジと記載されていたからです。 私の母の実家が灘区にあり行くと必ずお土産にハイジのアルハンブラを 買ってきてくれました。もうかれこれ何十年も前のことですが。母の両 親とも他界したためもう実家もなくなってしまい以来母が神戸へ行くこ ともなくなったのでハイジのことやアルハンブラのこともすっかり忘れ ていました。 ところが今日初めてハイジが倒産したこと、また小山氏がハイジにおら れたことを知りほんとにビックリした次第です。 あのコヤマロールの小山氏が大好きだったハイジにおられたなんて。し かもアルハンブラに大きく関わっていたなんて。 色々検索してるとハイジの倒産は小山氏が辞めたからだというのもある みたいで。

    奏というお菓子、アルハンブラを進化させたものですね。説明の最後に 今はなき銘店へのオマージュでもあるのですという文章で締めくくられ ています。

    ハイジがなくなったのはほんとに残念ですが忘れかけていた懐かしいた くさんの事を思い出させてくれたあなたのブログに大変感謝しております。ありがとうございました。

Submit comment