mayo blog

恵比寿創作集団マヨ部の公式ブログ

クリエイター必見!『ブラック・ジャック創作秘話』

このエントリーをはてなブックマークに追加

どもー、こーじです。

自分のブログでも紹介したけど、これはぜひマヨのみんなも読んでほしいと思ってこっちでも紹介。

[link]最近忙しいと思ってる人にぜひ読んでほしい『ブラック・ジャック創作秘話』

この『ブラック・ジャック創作秘話』手塚治虫先生の関係者のインタビューをもとに先生の思い出を漫画形式で紹介している作品。

先日、発売になったこのマンガがすごい! 2012で男性部門1位となっています。

特にすごいなって思うポイントを紹介。

■締め切りはいつもギリギリ
いつも締め切りギリギリの手塚先生ですが、ある日、仕上がった原稿が面白いかどうかをアシスタント一人ひとりに確認した、皆がOKを出していたのに、とあるKYのアシスタントに「ちょっとイマイチかな~って」と言われて、急きょ書き直しを決意します。

締め切りはとっくに過ぎているのに、さらに8時間待つように担当の編集者に告げます。
もちろん、当時のチャンピオンの壁村編集長は「ふざけるな」と激怒します。

そんな中、手塚先生が外向けのベレー帽など被らず、裸足になりランニングシャツ1枚になって、エアコンが止まった部屋で原稿用紙に顔を近付け、刻みつけるように原稿を描いている様子は圧巻。

常によりよいものを作ろうとする気迫がにじみ出るシーンです。

ほかにも「アメリカから原稿を指示する話」「アニメ映画を作成する話」など漫画の神様といわれた手塚治虫先生のイメージしかなかったですが、圧倒的な人間くささで漫画に命をかけた手塚治虫が描かれております。

常に締め切りに追われる手塚先生が何でそこまで仕事を詰め込むのかと思いきや、当時のマネージャー氏によると、手塚先生は「忙しくても仕事を断るな」と言われていたのだそう。

先生曰く「1本でも10本でも同じ! いつでも僕はしめ切りギリギリなんです!」。

終わった後でもより面白くするために常に考え続けている姿勢は見習わなければと思う作品。

  1. [...] クリエイター必見!『ブラック・ジャック創作秘話』 [...]

Submit comment