mayo blog

恵比寿創作集団マヨ部の公式ブログ

Archive
マヨまわし読み

はあちゅうです。
嬉野温泉に行ったら、肌がツルツルになりました。

さすがマヨ部一の美女ね。オホホホホ。

まあそんな話はどうでもいいとして。
さっき、ツイッターとFacebookでシェアしたのですが、
これ、ステキです↓

クリエイティブなパパが作った。娘2人の成長日記が感動すると海外で話題沸騰。 – NAVER まとめ

私も、結婚したら、旦那さんや子供と、超クリエイティブな写真記録をつくろうっと。

ところでマヨ部の中では
誰が一番最初に結婚するだろうね。

私の予測では、ヨネちゃん。
きっといいパパになることでしょう。

大好きなヨネちゃんをとられるのは
悔しいので、頃合いを見計らって、
幸せな家庭に小さな波風を立てようって決めています。

大穴でコウジ君説もある。出来ちゃった結婚。
いや、授かり婚でしたっけ。
マヨ部で一番出来ちゃいそうな男、コウジ。そんなイメージが、私の中には、ある。

いや、案外ヨノちゃんがいきなり運命の相手に出会って、
よく考えないで結婚しちゃうこともありうる。
ヨノちゃん、物に一目惚れはいいと思うんだけど結婚相手は慎重にね!
余計なお世話だけどね!

いかんせん不毛な妄想でしかないのですが何にせよ、
ヨネ以外の皆さんの幸せは存分に祝福します。
あとクロヒは、たぶん、最終的にゲイになるかもってちょっと思ってるんだけど、
そういうこと言ったら今後、優しくして貰えないかもしれないからあんまり言わないようにしよう。

マヨ部内最初の一人目の結婚式とかみんなきばるんだろうけど
だんだんどうでもよくなってきて、
最後には「もうお前は結婚するな」とか「ご祝儀はマヨ部合同で」みたいになるんでしょう。
ウフフウフフ。

馬場さんの結婚式を、文字通り一生忘れられない日にするという私のささやかな夢が叶いますように。

追記:
※ヒロユウさんについてだけ触れていないことに気づきましたが、もう2時半なので寝ます。

Read More

はあちゅうです。
久しぶりに大好きな林さんの小説を読み返しました。

下流の宴
下流の宴
posted with amazlet at 12.03.18
林 真理子
毎日新聞社
売り上げランキング: 8788

「あのね、月に二十万のバイトのコは
生涯賃金が七千万だよ。
だけどちゃんとした大学を出て、
ちゃんとした企業に勤めたら、
生涯賃金は三億だ。
人生で二億の差がつく。
それでもバイト人生選びますか?」

「あのさ、いい学校出ている者と、
出ていない者との一番大きな差は、
いったい何だと思う?」

「わっかんないです」

「選択肢の多さ!」

Read More

はあちゅうです。
今日、みんなに読ませたい物は、ツイッターでもシェアしたこれです。

卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。(校長メッセージ) | 立教新座中学校・高等学校

私はこんなにも重みをもった強い文章を久々に見て
感動で震えたよ。

Read More

はあちゅうです。
今日みんなに読んで欲しいのは本ではない。

Read More

Book

どーも、こーじです。
今回は本の紹介をしたいと思います。紹介する本は「やはり、肉好きな男は出世する ニッポンの社長生態学」。

社長というとなんだか偉いイメージがありますが、大企業の社長から、中小企業、ベンチャーの社長まで千差万別です。
著者の國貞文隆さんは、ビジネス誌である東洋経済やGQの編集を経験された方でそこで取材した300人以上の経営者の姿や経歴が、本書のバックボーンとなっています。

タイトルとなっている「肉好き」の話も経営者の共通点の1つですが、正直、タイトルで損をしてる本です。
(個人的には「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 」を参考にして失敗してる感じがします)

もっと日本の社長生態学の部分を全面に押し出した読者に響きそうです。千差万別の社長たちの中から共通点を読み取った良著です。

この本で気になったポイントを少し紹介します。

Read More

はあちゅうです。
言葉の広がりを感じたい時にどうぞ。

Read More

デンパクの女

どもー、こーじです。今日は漫画の紹介。

AKBのプロデュースで有名な秋本康(秋本康-wikipedia)だけど、実は、漫画原作者としての顔もあったりします。

最近だしたのがこの作品「デンパクの女 それは本島郁子のワナ」。この作品はの主人公は大手広告代理店電博堂(でんぱくどう)の営業局に勤務する本島郁子(もとじまいくこ)。

ルックスも良くて仕事もできるバリバリの27歳だが、彼女は秘密の趣味があった。

それは、「お仕置き」。

女たらしの妻子持ち上司、猫を被った生意気な後輩、
パワハラがひどいクライアント先の次期社長までもが、彼女によって、次々に懲らしめられていきます。

広告関連の友人がけっこういるけど、社内の話などはややっぱり突飛で面白い。
登場人物やシチュエーションに「あるある」と思わずうなずくところがあり、おすすめです。

ヤフーニュースにもてでてました。
[link]:秋元康が広告代理店を舞台にした漫画をプロデュース-『デンパクの女 それは本島郁子のワナ』

デンパクの女 それは本島郁子のワナ(1) (ジュールコミックス)
画/作・柏屋 コッコ:原案・秋元 康
双葉社 (2012-01-17)
Read More

はあちゅうです。
経沢社長に借りて読んだ。

Read More

はあちゅうです。
妹が買ってきて、読んだ。

聞く 笑う、ツナグ。
聞く 笑う、ツナグ。
posted with amazlet at 12.01.29
高島 彩
小学館
売り上げランキング: 193
Read More

しゅんすきーです。
今週は本の紹介を。

ヒロユゥさんの将来の愛車として有名な
エンツォ・フェラーリ
これ、日本人がデザインしたって知ってました?

Read More